ログイン 会員登録
icon_bulk_order一括注文 Acrobiosystems for English
A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z 0-9
phone

研究から臨床段階までカバーする試薬とソリューション!

お客様の研究に適する試薬を見つけましょう!
Modality
  • 細胞
    治療
  • 遺伝子
    治療
  • 治療用
    抗体
  • 抗体薬物
    複合体
  • ワクチン
    開発
Like our new design?
Leave a like or
share your feedback!
6780
  • 研究と開発
  • CMC-製造
  • CMC-品質管理
  • 前臨床研究
  • 臨床研究
研究と開発
CAR標的タンパク質
CAR の研究と開発に一般的に使用される組換えタンパク質ターゲット。さまざまなタグや蛍光ラベルで検出できます。
MHC-ペプチド複合体
組換え MHC タンパク質をお探しですか?当社の MHC タンパク質は単量体または四量体で提供され、構造が可能な限り天然な構造に近くするために当社の HEK293 プラットフォームを使用して発現されます。
アネウロ: 神経科学用タンパク質
アルツハイマー病などの神経障害は、凝集して神経細胞死を引き起こす変異原性タンパク質によって引き起こされます。神経科学の研究を支援し、神経変性疾患を治療するための新しい薬剤標的を探求するために当社の製品をご利用ください。
ComboX: Streptavidin (SA) Series
ストレプトアビジンとビオチンの間の相互作用は、生物学においてスクリーニング、精製、アッセイ確立のために最も一般的に利用される相互作用分析の製品です。
コンパニオン診断試薬
免疫組織化学は臨床診断の標準であり、腫瘍マーカーの空間分布の特定に役立ち、治療戦略や利用可能な治療法を明らかにするのに役立ちます。
CMC-製造
GMP & Premium(Pre-GMP) Grades
動物由来不使用、無菌、超低エンドトキシンで、関連する規制サポートを備えた、細胞療法の製造で使用するために設計された高品質なライフ サイエンス ツールとソリューションです。
核酸の除去
サンプルのクリーンアップは、患者の安全と IND 適用の成功のために最終治療薬を準備するために設計された製造において必要な部分です。核酸残基を除去するように設計された当社のヌクレアーゼをご覧ください。
遺伝子編集
ウイルスベクターは、免疫細胞を遺伝子改変してCAR受容体を発現させ、細胞療法の有効性を最大化するにするに重要なツールです。
カスタムGMPサービス
研究試薬が見つかりにくいですか?お問い合わせフォームにご記入いただければ、お客様のニーズに合わせた完璧な GMP 準拠製品を直接作製することができます。
大規模製造
現在の製造をスケールアップをお考えのお客様のニーズに応じて、GMP Grade準拠の製品を グラムからキログラム単位までスケールアップできます。
CMC-品質管理
CARの検出
CAR 発現の検出は、CAR 修飾の有効性を評価する際に重要です。 CAR 発現の評価に役立つように設計された当社の製品をご覧ください。
残留物検出
生物製剤の製造は複雑なプロセスであり、最終的な治療薬の安全性を損なう可能性のあるさまざまな残留物が混入される可能性があります。当社のキットを使用して残留物を検出し、治療の臨床段階への準備が整っていることを確認できます。
効力アッセイ
効力アッセイは、開発された標的に対する治療効果を評価する上で重要な部分です。当社のキットを使用して、治療効果をすばやく調べられます。
機能性細胞株 (Cellinsight)
細胞レベルでの解析・評価は、生体外での薬の有効性を評価するための重要な指標の一つであり、新薬開発の過程で広く用いられています。
前臨床研究
薬物動態研究
薬物動態は、細胞ベースまたは動物モデル全体で薬効を評価する主要な要素です。細胞療法の場合、PK アッセイは、治療送達後の CAR 細胞の存在を評価するために設計されています。
薬力学研究
薬力学は、各治療法の作用機序を観察する薬物動態学を補完するものです。当社は、PD 研究を加速するために、細胞ベースのモデルやその他のライフ サイエンス ツールを幅広く提供しています。
免疫原性研究
CAR 細胞は患者由来のもので、免疫原性を持っています。あらゆる治療薬の免疫原性を評価することは、安全性を確保する上で非常に重要です。
毒性研究
CAR 療法の大きな副作用はサイトカイン放出症候群です。治療法が毒性がないことを確認することは、前臨床段階と臨床段階のあらゆる治療法においての優先事項です。
コンパニオン診断試薬
免疫組織化学は臨床診断の標準であり、腫瘍マーカーの空間分布の特定に役立ち、治療戦略や利用可能な治療法を明らかにするのに役立ちます。
臨床研究
薬物動態研究
薬物動態は、細胞ベースまたは動物モデル全体で薬効を評価する主要な要素です。細胞療法の場合、PK アッセイは、治療送達後の CAR 細胞の存在を評価するために設計されています。
毒性研究
CAR 療法の大きな副作用はサイトカイン放出症候群です。治療法が毒性がないことを確認することは、前臨床段階と臨床段階のあらゆる治療法においての優先事項です。
免疫原性研究
CAR 細胞は患者由来のもので、免疫原性を持っています。あらゆる治療薬の免疫原性を評価することは、安全性を確保する上で非常に重要です。
コンパニオン診断試薬
免疫組織化学は臨床診断の標準であり、腫瘍マーカーの空間分布の特定に役立ち、治療戦略や利用可能な治療法を明らかにするのに役立ちます。
  • 研究と開発
  • CMC-製造
  • CMC-品質管理
  • 前臨床研究
  • 臨床研究
研究と開発
遺伝子編集
ウイルスベクターは、CAR受容体を発現させ、細胞治療の効果を最大化するために免疫細胞を遺伝子改変する上で重要な役割を果たします。
AAV Titer Quantitation
Adeno-associated virus (AAV) vectors are responsible for delivering the modified gene payload to its therapy. We offer AAV titration ELISA kits designed to quantitatively evaluate AAV titer to prepare for vector preparation.
コンパニオン診断試薬
免疫組織化学は臨床診断の標準であり、腫瘍マーカーの空間分布の特定に役立ち、治療戦略や利用可能な治療法を明らかにするのに役立ちます。
CMC-製造
GMP & Premium(Pre-GMP) Grades
動物由来不使用、無菌、超低エンドトキシンで、関連する規制サポートを備えた、細胞療法の製造で使用するために設計された高品質なライフ サイエンス ツールとソリューションです。
カスタムGMPサービス
研究試薬が見つかりにくいですか?お問い合わせフォームにご記入いただければ、お客様のニーズに合わせた完璧な GMP 準拠製品を直接作製することができます。
核酸の除去
サンプルのクリーンアップは、患者の安全と IND 適用の成功のために最終治療薬を準備するために設計された製造において必要な部分です。核酸残基を除去するように設計された当社のヌクレアーゼをご覧ください。
遺伝子編集
ウイルスベクターは、免疫細胞を遺伝子改変してCAR受容体を発現させ、細胞療法の有効性を最大化するにするに重要なツールです。
AAV Titer Quantitation
Adeno-associated virus (AAV) vectors are responsible for delivering the modified gene payload to its therapy. We offer AAV titration ELISA kits designed to quantitatively evaluate AAV titer to prepare for vector preparation.
大規模製造
現在の製造をスケールアップをお考えのお客様のニーズに応じて、GMP Grade準拠の製品を グラムからキログラム単位までスケールアップできます。
CMC-品質管理
残留物検出
生物製剤の製造は複雑なプロセスであり、最終的な治療薬の安全性を損なう可能性のあるさまざまな残留物が混入される可能性があります。当社のキットを使用して残留物を検出し、治療の臨床段階への準備が整っていることを確認できます。
効力アッセイ
効力アッセイは、開発された標的に対する治療効果を評価する上で重要な部分です。当社のキットを使用して、治療効果をすばやく調べられます。
機能性細胞株 (Cellinsight)
細胞レベルでの解析・評価は、生体外での薬の有効性を評価するための重要な指標の一つであり、新薬開発の過程で広く用いられています。
前臨床研究
薬力学研究
薬力学は、各治療法の作用機序を観察する薬物動態学を補完するものです。当社は、PD 研究を加速するために、細胞ベースのモデルやその他のライフ サイエンス ツールを幅広く提供しています。
毒性研究
遺伝子治療の副作用としてサイトカイン放出症候群が考えられます。前臨床段階および臨床段階において、治療が毒性を示さないことを確認することは、どのような治療においても最優先事項です。
コンパニオン診断試薬
免疫組織化学は臨床診断の標準であり、腫瘍マーカーの空間分布の特定に役立ち、治療戦略や利用可能な治療法を明らかにするのに役立ちます。
臨床研究
毒性研究
遺伝子治療の副作用としてサイトカイン放出症候群が考えられます。前臨床段階および臨床段階において、治療が毒性を示さないことを確認することは、どのような治療においても最優先事項です。
コンパニオン診断試薬
免疫組織化学は臨床診断の標準であり、腫瘍マーカーの空間分布の特定に役立ち、治療戦略や利用可能な治療法を明らかにするのに役立ちます。
  • 研究と開発
  • CMC-製造
  • CMC-品質管理
  • 前臨床研究
  • 臨床研究
研究と開発
治療用抗体標的
治療用抗体は、特定の細胞型を標的にしてホーミングするために、さまざまな腫瘍バイオマーカーを標的とします。当社は、抗体の開発を支援する幅広い標的タンパク質を提供しています。
Fc受容体タンパク質
治療用抗体の有効性は、Fc フラグメントと主要な Fc 受容体との相互作用に依存します。抗体工学実験で、受容体のパネルに対して抗体をテストできます。
抗体スクリーニングツール
抗体スクリーニングのワークフローは、使用する試薬や機器によって様々な形態があります。独自のスクリーニングワークフローの開発を支援するために、当社の幅広い試薬をご覧ください。
機能性細胞株 (Cellinsight)
細胞レベルでの解析・評価は、生体外での薬の有効性を評価するための重要な指標の一つであり、新薬開発の過程で広く用いられています。
コンパニオン診断試薬
免疫組織化学は臨床診断の標準であり、腫瘍マーカーの空間分布の特定に役立ち、治療戦略や利用可能な治療法を明らかにするのに役立ちます。
CMC-製造
核酸の除去
サンプルのクリーンアップは、患者の安全と IND 適用の成功のために最終治療薬を準備するために設計された製造において必要な部分です。核酸残基を除去するように設計された当社のヌクレアーゼをご覧ください。
CMC-品質管理
抗体特性評価のための酵素
抗体の結合と配列を理解することは、開発を成功させるために重要です。
抗体の特性評価 サービス
抗体医薬品の特性評価の重要な要素には、正確なアミノ酸配列、分子量決定、安定性、重合度などが含まれます。安定性は、医薬品の耐用年数を決定するための主な基準です。
残留物検出
生物製剤の製造は複雑なプロセスであり、最終的な治療薬の安全性を損なう可能性のあるさまざまな残留物が混入される可能性があります。当社のキットを使用して残留物を検出し、治療の臨床段階への準備が整っていることを確認できます。
機能性細胞株 (Cellinsight)
細胞レベルでの解析・評価は、生体外での薬の有効性を評価するための重要な指標の一つであり、新薬開発の過程で広く用いられています。
その他の品質管理製品 (Isotype Control)
非特異的結合を検出するために対応するアイソタイプコントロール抗体を設定すると、偽陽性結果の発生を減らし、医薬品開発中に考えられる影響要素を正確に評価できます。研究用に当社のアイソタイプコントロール抗体をご覧ください。
品質管理分析サービス
薬局方基準および関連法規に従って、抗体医薬品の開発は包括的な品質管理基準を確立し、結合活性(薬物と標的の結合、FcセグメントとFcRの組み合わせ)のコントロール分析を完了する必要があります。
CMCリリース手法開発サービス
CMC 品質検査を開発し、医薬品の適用をサポートするために必要な分析方法の検証、試験、書類を提供します。
前臨床研究
薬物動態研究
薬物動態は、細胞ベースまたは動物モデル全体で薬効を評価する主要な要素です。
薬力学研究
薬力学は、各治療法の作用機序を観察する薬物動態学を補完するものです。当社は、PD 研究を加速するために、細胞ベースのモデルやその他のライフ サイエンス ツールを幅広く提供しています。
毒性研究
CAR 療法の大きな副作用はサイトカイン放出症候群です。治療法が毒性がないことを確認することは、前臨床段階と臨床段階のあらゆる治療法においての優先事項です。
免疫原性研究
治療薬の免疫原性を評価することは、他の毒性研究と同様に安全性を確保する上で重要です。
コンパニオン診断試薬
免疫組織化学は臨床診断の標準であり、腫瘍マーカーの空間分布の特定に役立ち、治療戦略や利用可能な治療法を明らかにするのに役立ちます。
臨床研究
薬物動態研究
薬物動態は、細胞ベースまたは動物モデル全体で薬効を評価する主要な要素です。
毒性研究
CAR 療法の大きな副作用はサイトカイン放出症候群です。治療法が毒性がないことを確認することは、前臨床段階と臨床段階のあらゆる治療法においての優先事項です。
免疫原性研究
治療薬の免疫原性を評価することは、他の毒性研究と同様に安全性を確保する上で重要です。
コンパニオン診断試薬
免疫組織化学は臨床診断の標準であり、腫瘍マーカーの空間分布の特定に役立ち、治療戦略や利用可能な治療法を明らかにするのに役立ちます。
  • 研究と開発
  • CMC-製造
  • CMC-品質管理
  • 前臨床研究
  • 臨床研究
研究と開発
ADC 薬物標的
抗体薬物複合体は、多種多様な腫瘍バイオマーカーを標的とし、特定の細胞型に結合します。ADCの開発を支援するために、幅広いターゲットタンパク質を提供しています。
ADCコンジュゲーションキット
ペイロードを抗体に結合させることは、さまざまな方法論やリンカーを使用する際、うまく行かない場合があります。当社のキットを使用して、部位固有の方法論で標的ペイロードを抗体に迅速に結合させます。
Fc受容体タンパク質
治療用抗体の有効性は、Fc フラグメントと主要な Fc 受容体との相互作用に依存します。抗体工学実験で、受容体のパネルに対して抗体をテストできます。
抗体スクリーニングツール
Screening antibody workflows can take on various forms with different reagents and instruments used. Explore our wide array of reagents to assit with developing your own screneing workflow.
ペプチドリンカー用プロテアーゼ
ペプチドリンカーを切断するように設計された酵素は、ADC ペイロードを配信するための重要なコンポーネントです。 ADC リンカー開発を支援する当社の一連のプロテアーゼをご覧ください。
機能性細胞株 (Cellinsight)
細胞レベルでの解析・評価は、生体外での薬の有効性を評価するための重要な指標の一つであり、新薬開発の過程で広く用いられています。
コンパニオン診断試薬
免疫組織化学は臨床診断の標準であり、腫瘍マーカーの空間分布の特定に役立ち、治療戦略や利用可能な治療法を明らかにするのに役立ちます。
CMC-製造
核酸の除去
サンプルのクリーンアップは、患者の安全と IND 適用の成功のために最終治療薬を準備するために設計された製造において必要な部分です。核酸残基を除去するように設計された当社のヌクレアーゼをご覧ください。
ADCコンジュゲーションキット
ペイロードを抗体に結合させることは、さまざまな方法論やリンカーを使用する際、うまく行かない場合があります。当社のキットを使用して、部位固有の方法論で標的ペイロードを抗体に迅速に結合させます。
CMC-品質管理
抗ペイロード抗体
抗体に送達されるペイロードの量を評価および定量化できます。または、薬物と抗体の比率を評価して、一貫した治療ペイロードの送達を保証します。
抗体特性評価のための酵素
ADC の抗体部分は、治療効果に寄与する主要な成分です。抗体の結合と配列を理解することは、開発を成功させるために重要です。
抗体特性評価サービス
抗体医薬品の特性評価の重要な要素には、正確なアミノ酸配列、分子量決定、安定性、重合度などが含まれます。安定性は、医薬品の耐用年数を決定するための主な基準です。
残留物検出
生物製剤の製造は複雑なプロセスであり、最終的な治療薬の安全性を損なう可能性のあるさまざまな残留物が混入される可能性があります。当社のキットを使用して残留物を検出し、治療の臨床段階への準備が整っていることを確認できます。
機能性細胞株 (Cellinsight)
細胞レベルでの解析・評価は、生体外での薬の有効性を評価するための重要な指標の一つであり、新薬開発の過程で広く用いられています。
前臨床研究
薬物動態研究
薬物動態は、細胞ベースまたは動物モデル全体で薬効を評価する主要な要素です。細胞療法の場合、PK アッセイは、治療送達後の CAR 細胞の存在を評価するために設計されています。
薬力学研究
薬力学は、各治療法の作用機序を観察する薬物動態学を補完するものです。当社は、PD 研究を加速するために、細胞ベースのモデルやその他のライフ サイエンス ツールを幅広く提供しています。
免疫原性研究
CAR 療法の大きな副作用はサイトカイン放出症候群です。治療法が毒性がないことを確認することは、前臨床段階と臨床段階のあらゆる治療法においての優先事項です。
毒性研究
CAR 療法の大きな副作用はサイトカイン放出症候群です。治療法が毒性がないことを確認することは、前臨床段階と臨床段階のあらゆる治療法においての優先事項です。
コンパニオン診断試薬
免疫組織化学は臨床診断の標準であり、腫瘍マーカーの空間分布の特定に役立ち、治療戦略や利用可能な治療法を明らかにするのに役立ちます。
臨床研究
薬物動態研究
薬物動態は、細胞ベースまたは動物モデル全体で薬効を評価する主要な要素です。細胞療法の場合、PK アッセイは、治療送達後の CAR 細胞の存在を評価するために設計されています。
免疫原性研究
治療薬の免疫原性を評価することは、他の毒性研究と同様に安全性を確保する上で重要です。
毒性研究
CAR 療法の大きな副作用はサイトカイン放出症候群です。治療法が毒性がないことを確認することは、前臨床段階と臨床段階のあらゆる治療法においての優先事項です。
コンパニオン診断試薬
免疫組織化学は臨床診断の標準であり、腫瘍マーカーの空間分布の特定に役立ち、治療戦略や利用可能な治療法を明らかにするのに役立ちます。
  • 研究と開発
  • CMC-製造
  • CMC-品質管理
  • 前臨床研究
  • 臨床研究
研究と開発
Virustop
ウイルス抗原はウイルス感染において重要な役割を果たします。当社は、以下を含む感染症用の幅広い抗原を提供しています。
抗原の検出
抗原の存在を評価することは、ワクチンが抗体産生を誘導するために正しいウイルス抗原を確実に送達するために必要です。
ワクチンの有効性評価
ワクチンの有効性評価は、ワクチンの性能を評価するために重要です。 IgG 力価と中和抗体力価検出アッセイは、ワクチンの有効性を予測するために一般的に使用されます。
CMC-製造
遺伝子編集
核酸や他のウイルスベクターの修飾は、ワクチン開発の重要な部分です。核酸を合成するために設計された酵素製品群には次のものがあります。
CMC-品質管理
抗原の検出
抗原の存在を評価することは、ワクチンが抗体産生を誘導するために正しいウイルス抗原を確実に送達するために必要です。
ワクチンの有効性評価
ワクチンの有効性評価は、ワクチンの性能を評価するために重要です。 IgG 力価と中和抗体力価検出アッセイは、ワクチンの有効性を予測するために一般的に使用されます。
残留物検出
生物製剤の製造は複雑なプロセスであり、最終的な治療薬の安全性を損なう可能性のあるさまざまな残留物が混入される可能性があります。当社のキットを使用して残留物を検出し、治療の臨床段階への準備が整っていることを確認できます。
前臨床研究
ワクチンの有効性評価
ワクチンの有効性評価は、ワクチンの性能を評価するために重要です。 IgG 力価と中和抗体力価検出アッセイは、ワクチンの有効性を予測するために一般的に使用されます。
毒性研究
前臨床段階および臨床段階において、投与されるワクチンに毒性がないことを確認することは、あらゆる治療法にとって優先事項です。
臨床研究
ワクチンの有効性評価
ワクチンの有効性評価は、ワクチンの性能を評価するために重要です。 IgG 力価と中和抗体力価検出アッセイは、ワクチンの有効性を予測するために一般的に使用されます。
毒性研究
臨床前と臨床段階では、提供されるワクチンの無毒性を確保することがいかなる治療の優先事項です。

Recombinantタンパク質s & Antibodies

CD3 タンパク質

CD3 タンパク質

ACROBiosystemsは、二重特異性抗体の治療薬への臨床開発を加速するために、高い生物活性を持つ均一なCD3δ/CD3εおよびCD3γ/CD3εタンパク質のシリーズを開発しました。

Organoid Toolbox

Organoid Toolbox

Organoid Toolbox は、即使用可能のオルガノイド、オルガノイド分化ツールキット、創薬プロジェクトの進行を加速する、さまざまなサービスを含むオルガノイドソリューションのことです。

抗体特性解析用酵素

抗体特性解析用酵素

抗体の特性評価法を可能にするため、ACROBiosystemsは、IdeS、SpeB、EndoH、Endo Sプロテアーゼなどの一連の酵素を開発し、抗体とその関連する翻訳後修飾(PTM)の特性評価をサポートします。

GMP準拠サイトカイン

GMP準拠サイトカイン

IL-15、IL-7、IL-21など、高品質のGMP準拠サイトカイン製品を提供しており、免疫細胞治療薬の臨床研究をサポートし、医薬品規制当局の承認を加速できます。

CAR-T細胞療法標的タンパク質 

CAR-T細胞療法標的タンパク質 

注目されている50以上のCAR-Tターゲットがあり、CARの発現の検出のために設計された抗原タンパク質をフローサイトメトリーで検証し、CARの発現が高い特異性で検出できます。ロット間の一貫性が保証されています。また、PE / FITC標識タンパク質を利用することで、ワンステップ染色でCARの発現を高い特異性でバックグラウンドなしに検出できます。

CGTの全体的なソリューション

CGTの全体的なソリューション

GMP準拠サイトカイン、高品質の細胞活性化/増幅試薬、遺伝子改変試薬/酵素、CAR検出試薬などの製品を提供し、細胞、遺伝子治療用に全体的なソリューションを提供し、創薬から臨床研究までのすべての段階をサポートします。

複数回膜貫通タンパク質

複数回膜貫通タンパク質

CD20、Claudin18.2、CD133、GPRC5D、CCR5、CCR8などの安定で高活性な全長型膜貫通タンパク質は、免疫学、ELISA、SPR、BLI、細胞実験、CAR陽性率検出に利用できます。VLP、界面活性剤、ナノディスクなどのテクニカルプラットフォームによって複数回膜貫通タンパク質の医薬品創薬を促進できます。

免疫チェックポイントタンパク質

免疫チェックポイントタンパク質

これまでに知られている免疫チェックポイント分子をほぼ製品化しており、様々なタグの製品群を提供できます。天然高分子の構造はMALSによって、生物活性はELISA/SPR/BLI/FACSなどによって検証済みです。またBiotin/FITCなどの標識も選択でき、抗体のハイスループットスクリーニングに利用できます。

ADCターゲットタンパク質 

ADCターゲットタンパク質 

弊社ACROBiosystemsはADC医薬品の開発のサポートに取り組み、注目されている様々なターゲットのために、異なる種類とタグの製品が開発され、高い純度と親和性が特長です。免疫、抗体スクリーン、SPR、細胞活性検査などの実験に利用できます。Protocolも無償で提供いたします。

Fc受容体タンパク質

Fc受容体タンパク質

すべての分子のFc受容体タンパク質だけでなく、一般的な変異体やビオチン標識タイプも含まれております。お客様のモノクローナル抗体の開発をサポートします。

サイトカイン標的タンパク質

サイトカイン標的タンパク質

インターロイキン、成長因子、ケモカイン、TNF など、様々なサイトカインターゲットの自然なコンフォメーションを確保するために HEK293 によって発現されます。SDS-PAGE/HPLC/SEC-MALS によって高純度は確認され、高い生物活性は ELISA/SPR/BLI によって確認されています。

Aneuro―神経科学研究用タンパク質

Aneuro―神経科学研究用タンパク質

AneuroはACROBiosystemsが神経科学研究のために設計した製品群のブランドです。神経科学研究を推進するための治療・診断用研究タンパク質、PFF、組み換え神経因子など、高品質の重要なタンパク質を提供しております。

新品紹介

新興SARS-CoV-2 Omicron変異体と他の変異体

ACROBiosystemsは、新興のSARS-CoV-2変異体に対する組み換え抗原の開発を本格的に進めています。この試薬は、抗体やワクチン接種の有効性を評価するために使用することができます。

GMP準拠サイトカイン

ACROBiosystemsは、GMP準拠の品質管理システムを下に、一連のGMP準拠のサイトカインを開発しました。そして、これらの製品は、細胞治療法の研究においてT/NK細胞の生成、活性化、及び増殖に適しています。

情報センター

Special Topic on Deep Interpretation of GMP Product Quality--Topic 5
2024/01/31
Special Topic on Deep Interpretation of GMP Product Quality--Topic 5
Special Topic on Deep Interpretation of GMP Product Quality--Topic 5
Learn more
Special Topic on Deep Interpretation of GMP Product Quality--Topic 4
2024/01/22
Special Topic on Deep Interpretation of GMP Product Quality--Topic 4
Special Topic on Deep Interpretation of GMP Product Quality--Topic 4
Learn more
ACROBiosystems launches the world’s first GMP-grade DLL-4 Protein
2023/11/09
ACROBiosystems launches the world’s first GMP-grade DLL-4 Protein
ACROBiosystems, a global cornerstone of the pharmaceutical industry committed to offering innovative tools and solutions, announces the launch of GMP grade DLL4. GMP grade DLL4 is the first recombinant Delta-like Ligand 4, or DLL4, to be launched on the market under GMP conditions.
Learn more
Online Symposium - Cell and Gene Therapy 2024
2024/03/20 - 2024/03/21
Online Symposium - Cell and Gene Therapy 2024
Speaker: ACROBiosystems and Others
Time: Mar20-21, 2024, 9AM PDT/12PM EDT/4PM GMT
Learn more

This web search service is supported by Google Inc.

totopphone